犬を飼っている人が一番大切にしなければいけないのが、犬のしつけです。犬を飼っている家庭と犬の関係のためだけでなく、ご近所と犬の関係のためにもしつけが大切になってくるのです。

多くの人が、犬を教育することがしつけと思っていますが、実はそうではないのです。飼い主の犬に対する考え方もしつけの一部なのです。そのため犬だけを教育しても意味が無いのです。飼い主が自分の犬をコントロールできないかぎり、しつけをすることはできません。例を挙げると、犬をしつけようと犬のしつけ教室などに出して訓練士さんに教育をしてもらったとしても、訓練士さんの前ではきちんとしつけられた犬でいるけれども、飼い主さんの前ではしつけのなっていない犬になってしまうのです。

正しいきちんとしたしつけをするためには、犬の本能と習性について学んでおく必要があるのです。そして犬との信頼関係を築く事がしつけの第一歩なのです。ただ単に怒ってしつけたとしても、犬にストレスを与えるだけで、飼い主さんに対する恐怖しか残らなくなってしまいます。犬から信頼される関係を築くようにしましょう。また、しつけは犬が嫌な思いで終らせないということが大切です。例えばお座りをしつけたときに、お座りができて褒めてあげ、犬が気分良くなったときに止めるのが一番です。

関連記事です♪