ドッグフードは犬が食べるためのものですので、どのように保存するのかについても考えておく必要が出てきます。特に保存方法を間違えてしまった場合は犬の健康にも悪い影響を与えてしまいますので、保存方法についてもしっかりと注意を払いましょう。特に夏場のように暑くて湿気が多い時期についてはよく配慮に入れておくべきでしょう。

ドライフードの場合は開封したらしっかりと封をする

ドッグフードの中でもドライフードは保存方法が悪くて品質が悪かったとしても、見た目では分からないものです。しかし、開封から時間が経つにつれて品質は悪くなっていきますので、正しい方法で保存をするようにしましょう。
特に心掛けてほしいことは、ドッグフードの袋を開封したらすぐに封をするということです。封を開けるということは酸素が触れる可能性が高くなるということですので、なるべく触れさせないためにもすぐに封をしましょう。すぐに使い切れるのであればそんなに気にしなくてもいいですが、数か月もかかるのであればより一層開封後のことに気をつけていったほうがいいです。

ウェットフードの場合は開封したら冷蔵保存する

ウェットフードは保存料や酸化防止剤が使われており、腐りにくいような仕組みではありますが、ドライフードに比べて多く水分が含まれていますので、腐りやすいですし、劣化するのも早いです。こうなると特に保存方法に注意をしなければいけません。
ウェットフードは開封した後に冷蔵保存をする必要があります。常温で保存をしてしまうとどうしても腐りやすくなりますので、1日で使い切ることができないならば、冷蔵保存をしてすぐに使ってしまうように心掛けてください。

ドッグフードのタイプによって保存に注意するところが異なる

ドッグフードは食べ物で体内に入るものですので、健康に配慮するならば保存方法についても注意をする必要があるでしょう。ドライフードとウェットフードとで注意すべきポイントが違いますので、そこのところにも気をつけましょう。

関連記事です♪