ドッグフードの種類はドライフードとウェットフードがあるわけですが、最近増えてきているのがドライフードよりももう少し水分を含んだ半生タイプのドッグフードです。半生タイプは両方のいいところ取りをした印象かもしれませんが、ドライフードに含まれていることが多いです。半生タイプのドッグフードは徐々に増えつつある中でその利点と注意点について紹介していきます。

半生タイプのドッグフードとはどういうものか?

半生タイプのドッグフードの実際の水分含有量は30%程度で、ドライフードの10%程度に比べると水分量は多いです。ドライフードに水を加えてやわらかくするという飼い主も中にはいますので、そういう行為をする必要はないタイプではないでしょうか。代表的な製品としてマルカンが販売しているスタイルズドッグフードがあります。せっかく半生タイプを選ぶならばメリットとデメリットを知ったうえで選んだほうがいいです。

噛む力が衰えている犬にとってはふさわしい

半生タイプのドッグフードは水分量が多くなりますので、その分だけやわらかくなっています。ドライフードの食いつきはそれほどでもないですが、半生タイプに変えてから良く食べるという評判も出ているほどです。そういう食感を好む犬もいるということです。ドッグフードがやわらかくなりますので、噛む力が衰えている老犬などにはとてもいいのではないでしょうか。

商品の劣化が進みやすい

半生タイプは水分を多く含んでいるために、どうしても劣化が進みやすいということがあります。劣化を進みにくくするために、強力な防腐効果を持った添加物が使用されているというケースもあります。腐りにくいけれども犬にとってはいいものではないために、そこのところが悩ましいです。

メリットとデメリットを良く考えて

半生タイプのドッグフードはそんなに商品数があるわけではないです。噛む力が衰えている犬にとってはいいですが、商品の劣化が進みやすく、それを防ぐためにも添加物が使用されています。

関連記事です♪